読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白ワイン出汁でうどんを作ったよ!

こんにちは!

日に日に気温が上がってきましたね。

冷たい麺が食べたくなる時期になりつつあります。

どうしようかな…そうだ、前から考えていた白ワイン出汁をつくってみよう!

f:id:universal1248:20170412135306j:image

 【白ワイン出汁】

材料

白ワイン 300㏄(今回は南仏のシャルドネとアルゼンチンのソーヴィニヨンブラン)

鰹の削り節 10g

煮干し 10g

昆布 10gほど

 

f:id:universal1248:20170412135358j:image

↑だいぶ前のワインだけど大丈夫かな?酸っぱい香がキッチンに充満します。

まずは小鍋で白ワインを火にかけて、沸騰させます。

f:id:universal1248:20170412135402j:image

↑前回ワイン醤油を作ったときと同じ、煮干し・昆布・削り節

f:id:universal1248:20170412135544j:image

沸騰したワインに残りの材料を投入して、弱火で5分程まつ。 

 

キッチンペーパー等で濾して出来上がり!

 

熱いうちに味見…

「出汁が効いてる!でも酸っぱい!!」

 

嫌な予感が的中しました。

ソーヴィニヨンブランがあまりに古かったのか、かなり酸っぱく感じる。

予想外の味に、和食の味付けではなく、洋食のような味付けに方向展開!!

 

粉末のコンソメ(2g程度)を少し入れてみると…

「酸っぱさがうまい!」

よしこれでいこう!

 

粗熱をとった後、冷蔵庫で良く冷やしておきます。

その間、うどんの用意をします。

 

【冷やし白ワイン出汁うどん】

材料:1人前

うどん(乾麺):100g

トマト:1/2個

ピクルス:1本

クリームチーズ:お好みで

 

作り方

茹でたうどんを冷水で良く冷やし、良く冷やした白ワイン出汁をかけ、粗みじんにしたトマト・ピクルス・クリームチーズを上にのせて出来上がり!!

※白ワイン出汁は醤油と塩で少し味を調えました。

 

 それではだべてみましょう!!

まずは麺だけ…

「つるつる…ちょっと酸っぱい、でも出汁が効いていて悪くない!」

 

具材と混ぜて一口…

「おっ!ピクルスの食感と塩味が丁度良い!!」

トマトの酸っぱさと、クリームチーズのコクも絶妙ですな。

出汁は少し塩味が薄い気がしましたが、ピクルスとチーズの塩味が丁度よく食べられました。

 

バジルなどのハーブ類、蒸し鶏などをいれてもおいしいのではないでしょうか。

 

まとめ!! 

 今回使ったワインがあまりに酸っぱかったため、途中で方向展開した割にはうまくいきました。

具材をかえてヴァリエーションも広がる楽しみがある料理だと思います。

暑い季節に爽やかな冷たい麺のレシピが一つ増えました。

次回は、酸味の少ない和風の白ワイン出汁を作りたいと思います。

今回は午後から仕事なのでワインとは合わせていません。

もし合わせるとしたら、酸味がきれいなフランスのアリゴテが良いのかな?

 

それでは、また!!