読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼きそばとワインは合うの?

 

こんにちは!

今日は焼きそばとワインです。

先日、から揚げの話の評判が良かったので、焼きそばも良いかな?という浅はかな考えです。

 

焼きそばといえば、やはりソースの味。

野菜のエキスの甘味・スパイシーな香・濃厚な味

こんな要素のワインを選べばよいのかな…

 

f:id:universal1248:20170412014320j:image

 また、焼きそばは口いっぱい頬張って食べるので、やはりガブガブ飲める気軽なワインが良いですよね…

 

南フランスの安いグルナッシュが冷蔵庫にあったので、

冷えたまま焼きそばを食べながら飲んでみました。

…うん。おいしい。

すごーく感動する程ではないけど、いい感じ。

「焼きそばを食べている」というカジュアルな感じがします。

冷えているのも逆に良かったのかもしれません。

 

赤ワインは常温で飲むもの!とは限りませんよね。

だいたい日本の常温とヨーロッパの常温がそもそも違いますから…

 

焼きそばに合うワイン…調べてみるとありました!

シャトー・レゾリュー・赤ラベル 750ml (1本)

       

 

  • 内容量:750ml
  • 原産国:フランス、ラングドック
  • ラングドックの評価を引き上げた蔵元
  • 品種:カリニャン、シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル
  • 合う料理:ビーフシチュー

なんでも神の雫」というドラマで、焼きそばに合うワインという事で、出てきたとか…

高級ワインしか飲まなかった有名作家の先生も「1本1万円はする味」と太鼓判を押しているとか…

なかなかこのワインの味はサイトではわからないものです。

いろいろな話題性を押し出すも、どのような味なのかは明記されていません。

まぁ、そんなものですかね。

 

おそらく、

南フランスのラングドック地方の、温かい地域で作られた、カリニャン・シラー・グルナッシュなどのぶどうからなるこのワインは、

渋味が少なく、フルーティー、そして少しスパイシーだと思います。

渋味が少ないので軽めだと思われがちですが、もともとのブドウの糖度が高いのでアルコール分も高めでしっかりとした飲みごたえもあるはずです。

親しみのない香りが多少するかもしれませんが、カジュアルな甘辛い料理との相性は抜群です。

 

まさに、焼きそばやお好み焼きにはピッタリですね。

渋味が少ないので多少冷やして飲んでも、変な苦みなどは出てきません。

 

飲んでいないワインをここまで説明をしてしまいましたが、

あくまで私の予想なので悪しからず…

だってどんな味が書いて無かったんだもん…

 

あと、ソース味にはロゼワインやスパークリングワインは間違いはないですよね。

 

今度は

赤ワインソースで作った、ワインに合う焼きそば

でも作ってみようかな。でもそれじゃ、ほとんどパスタかな?

 

それでは、また!