読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワインジャムを作ってみたよ!!

こんにちは!

飲み残しワイン活用第四弾!

今回はワインジャムを作ってみました。

 

実は前々からやってみたかったのですが、なかなか実行できずにいました。

南フランスの濃いめの赤ワインがちょうど残っていたので、やっと作ることが出来ました。

f:id:universal1248:20170403202801j:image

【赤ワインジャム】

材料

赤ワイン:200㏄(今回は南仏のカベルネソーヴィニヨン)

砂糖:100g

ペクチン:20g

 

ワインジャムで調べると、果物を入れたり、シナモンなどのスパイスを入れたりしていますが、今回はワインのみで作ります。

ワインの香味をジャムで感じてみたいからです。

 

作り方

①ワインを中火で火にかけ、ペクチンをゆっくりと溶かす。

②砂糖をいれて強火にして1分程沸騰させる。

f:id:universal1248:20170403202824j:image

↑むせかえるようなベリーの香り!

③弱火にして焦げ付かないように、かき混ぜながら3分程煮詰める。

f:id:universal1248:20170403202809j:image

 ↑ジャムっぽくなってきた!!

④消毒した容器へ入れる。

以上

 すごーく簡単!!

 

f:id:universal1248:20170403202834j:image

カベルネソーヴィニヨンのワインだからか、色がとても濃い!

香りはカベルネらしく、クロスグリとかブラックベリーのような香りです。

渋味は無いけど、カベルネらしい植物系の香りもしてきます。

今回は砂糖を少な目にしたので、甘味は少なく優しい味です。

とはいえ、ブルーベリージャムを濃くした感じで濃厚にできています。

 

「こんな簡単に濃厚なジャムができるのか・・・」と正直驚きました。

 

クリームチーズと一緒にクラッカーに乗せて食べてみたら、最高でした。

ジャムの味は、濃厚なクリームチーズにも負けていません。

やはり、ワインと合わせるのならカベルネソーヴィニヨンとの相性が良さそうです!

クリームチーズのほかに、ファオアグラ(家では食べませんが)とか、ポークソテーなどの付け合わせでも面白いかもしれません。

スイーツとして食べるのはもちろん、甘味を少なくしたので、味が濃いめで酸味が欲しい料理に色々試してみたいです。

 

勿論、ジャム自体にも改良の余地は沢山あります。

 

今回はワインだけでしたが、リンゴやイチゴなど果物を入れて食べ応えを出したり、

シナモンやバジルなど香りを付けたりしてみたいと思いました。

また、カベルネではなくシラーやマルベック、ジンファンデルのような、もともとジャムのニュアンスのあるワインでも、より濃厚になるかもしれません。

 

白ワインでも作りたいです。

ソーヴィニヨンブランと柑橘類で爽やかなジャム、リースリングとハーブなども面白いかもしれません。

 

いろいろ可能性の広がるワインジャム。

想像力にまかせて、次回も作ってみたいと思います。

 

ではまた!!