読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイン塩200%  今度はカベルネソーヴィニヨン

こんにちは。

 

以前、ボジョレーヌーボーでワイン塩を作りました。

http://universal1248.hatenablog.com/?page=1489791600

塩味が優しくて、色々使えて重宝していますが、いまいちワイン感を感じません。

今回は、以前作ったワイン塩を使って、もう一回ワイン塩を作ってみたいと思います。

 

そう「ワイン塩200%」です。

 

ブルゴーニュのドミニク・ローランが始めた手法で、新樽で熟成したワインを買い付け、また別の新樽で熟成する「新樽200%」を真似してみました。

 

準備するものは

ワイン塩(ボジョレーヌーボー) 100g

赤ワイン(アルゼンチン・カベルネソーヴィニヨン)200cc

 

f:id:universal1248:20170320201251j:image

前回と同様に、弱火で火にかけ、ひたすらかき混ぜます。

ただただ、ひたすらかき混ぜます。

ベリーのような甘い香りが部屋中に広がります。

20分後…

f:id:universal1248:20170320201328j:image

↑やっぱりアンコみたい。

 

大分、水分がなくなってきました。

明らかに前回よりも、色が濃いです。

あまり、火を通しすぎると香りが飛んでしまうのでは・・・と思い。

今回は早めに火を止め、乾かす時間を長くしました。

 f:id:universal1248:20170320201345j:image

色が濃くなるだけではなく、乾かしている途中も甘い香りがしています。

こらは期待できそうです。

 

瓶に入れてみても、色の違いは歴然!

f:id:universal1248:20170331231255j:image

↑左:ボジョレー 右:ボジョレー+カベルネ

ワインの色と同様、濃い色のワイン塩が出来上がりました。

 

それでは、食べてみます。

まずはゆでたまご

f:id:universal1248:20170331235037j:image

おっ、見た目は悪くない。

味は・・・より一層塩味が柔らかくなってる!美味しい!

でもワインの香りは・・・やっぱりしない。

 

ワイン塩ってこういうものなのかな・・・

ワインの香りがするのを期待しすぎていたのかもしれません。

 

次に、ワイン塩でおにぎりを握ってみました。(すみません写真を撮るのを忘れました!)

失敗すると怖いので小さいおにぎりで試してみます。

 

ご飯に紫色のつぶつぶ・・・気持ち悪い。

シソのふるかけの「ゆかり」みたいにもみえます。

温かいうちにに食べてみます・・・「あっ、ワインの香りがする!」

ただ残念ながら、ご飯に合う香りではありませんでした。

 

きっと温かい料理に使うと、香りが立ってくるのでしょう。

なので、次回はスープやリゾット、パスタなどに使って味と香りを確認してみたいと思います。

「ワイン塩300%」にしてみようかな・・・でも今のところは、この塩の美味しい食べ方を色々試してみたいと思います。

 

それでは、また!