読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワインで太るのか?

こんにちは。今日はワインは太るのか?の話。

 

「いまダイエット中だからワインを飲まない・・・」

「最近ワインを飲むようになって、太ってきた・・・」

など、ワインを飲むと太る!と世間一般的には思われているようです。

 

とはいえ、私の周りのワイン好きな人々は、あまり太っている人はいません。

逆にすらっとした、若々しい方ばかりです。

 

「ワイン 太る」で検索してみると、多く出てくる記事が下のような記事です。

 

otonasalone.jp

 

100ml(約グラス1杯分)あたりのカロリーは、

赤ワイン:73kcal

ロゼワイン:77kcal

白ワイン:75kcal

スパークリングワイン:100kcal

ところが、ワインに含まれているアルコールのカロリーはエンプティカロリーといって、実は体に吸収されないカロリーなのです!

・・・・という内容です。

かなり沢山の記事が同じような内容なので、たぶん本当なのでしょう。

 

太る原因はおつまみと飲み方

1.空腹では飲まない

2.低カロリーなおつまみから食べる

3.甘口ワインは避ける

4.飲んだ後に食べない

5.お水をたっぷりのまない

のようです。

どの記事同じ事を書いているので、本当なのでしょう。

 

春が近づくにつれて、おいしい食べ物が沢山出てきます。

ついつい食べ過ぎ、飲みすぎに気を付けるだけでなく、上記の5点を覚えておいて、損はないのかもしれません。

 

そんな中、このような記事がありました。

rakuyase-diet.jp

白ワイン→高い殺菌作用→便器・下痢の解消・大腸がん予防

    →カリウム豊富→水分・老廃物の廃出→むくみ解消

    →カルシウムとマグネシウムのバランスが良い→冷え性予防

 

赤ワインのポリフェノール効果以外の面白い内容でした。

白ワインは他に脳の海馬(記憶を司る部分)に良い…なども聞いたこともあります。

 

どれくらいの効果があるのかわかりませんが、

適度に楽しむ事によって、心にも体にも優しいワインであってほしいですね。

 

「ワインを飲む」習慣になっている方、

「太らない健康的なワインの飲み方」を習慣にしてみてはいかがでしょうか?