読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイン塩を作ってみた

こんにちは、釣太郎です。

 

冷蔵庫の中に飲み残したワインがあったので、ワイン塩を作ってみました。

 

準備したのは

赤ワイン:200㏄

粗塩:100ℊ

 

鍋で弱火でかき混ぜます…

f:id:universal1248:20170316004715j:image

 

ワインが沸騰してくると、甘いベリーのような香りがしてきました。

飲みたくなるような、美味しそうな香りです。

大好きな釣り動画を見ながら、かき混ぜる事約30分。

鍋の底が見えてきました。あんこみたい・・・

 

f:id:universal1248:20170316004702j:image

甘いベリーの香りが強くなり、イチゴジャムを煮ているような感じです。

粗塩がきれいにワイン色に染まっているのが、よくわかります。

焦げる事は無さそうなので、水分完全に無くなるまで火にかけようかと思いましたが、

香りが飛んでしまわないように、途中で火をとめ余熱で水分を飛ばしました。

 

f:id:universal1248:20170316004645j:image

 

 ペーパータオルに広げて、乾かしました。

意外とここからが長かった!

何度かペーパーを変え、3時間ほどしたらパラパラのワイン塩が出来上がり!!

れいな紫色に仕上がりました。

紫芋みたい・・・

香りは、やはりほのかにイチゴやブルーベリーのような香り、味は優しい塩見。

とくにワイン味は強く感じませんでした。

 

目玉焼きに振りかけてみると…紫の色素が白身に移り、濃い緑色に変色!

気持ち悪い見た目に、なってしまいました。(写真は省略)

しかし味は優しい塩見でおいしかったのですが、ワイン香りはほとんどしませんでした。

 

今回はボジョレー・ヌーボーを使ったので、味も香りの弱かったのかもしれません。

次回はボルドータイプので作ってみるたいと思います。

もしくはこのワイン塩を、もう一回違うワインで作り直してみても面白いかもしれません。

これぞワイン塩のアサンブラージュ!!

 

f:id:universal1248:20170316004636j:image