読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボジョレーヌーボー 今頃飲んでみた【3月】

こんにちは、釣太郎です。

 

3月ももうすぐ中旬になります。

春の足音が聞こえてくる今日この頃ですが、

今日はボジョレーヌーボー2016を飲みました。

 

昨年、11月17(木)に解禁された、フランス・ボジョレー地区の新酒です。

いくらワイン好きなかたでも、すっかり忘れちゃっているワインですね。

 

でも、いいんです!!

だって美味しくなっているから!!

 

解禁直後に飲んだ同じボジョレー・ヌーボーと比べると、酸味が落ち着いて口当たりが良くなっています。

アボガドと生ハムのサラダとの相性も抜群でした。

これからの春の味覚・フレッシュで生き生きした食材を、

少し熟成し始めたボジョレー・ヌーボーで楽しむのも悪くないです。

 

ボジョレーヌーボーのような若いワインは飲まない!」

「日本はボジョレーは騒ぎすぎだ!」

とおっしゃる方を否定はしません。

「今年の出来は100年に一度の出来!」とか表現を変えて、

猛烈なアピールをしているので飲む気が失せますよね。

とは言え私は、解禁直後の晩秋の食材に合わせて、その年の初物を祝い、

少し熟成してまたその違いを楽しんでみるのも良いものだと思いました。

そして何より今買うととにかく安い!!(半額以下)

 

安売りワインを安易に手を伸ばしたものの、

先入観を持たずにワインを楽しむ大切さを感じた1日でした。

f:id:universal1248:20170313235010j:plain