読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白ワイン出汁でうどんを作ったよ!

こんにちは!

日に日に気温が上がってきましたね。

冷たい麺が食べたくなる時期になりつつあります。

どうしようかな…そうだ、前から考えていた白ワイン出汁をつくってみよう!

f:id:universal1248:20170412135306j:image

 【白ワイン出汁】

材料

白ワイン 300㏄(今回は南仏のシャルドネとアルゼンチンのソーヴィニヨンブラン)

鰹の削り節 10g

煮干し 10g

昆布 10gほど

 

f:id:universal1248:20170412135358j:image

↑だいぶ前のワインだけど大丈夫かな?酸っぱい香がキッチンに充満します。

まずは小鍋で白ワインを火にかけて、沸騰させます。

f:id:universal1248:20170412135402j:image

↑前回ワイン醤油を作ったときと同じ、煮干し・昆布・削り節

f:id:universal1248:20170412135544j:image

沸騰したワインに残りの材料を投入して、弱火で5分程まつ。 

 

キッチンペーパー等で濾して出来上がり!

 

熱いうちに味見…

「出汁が効いてる!でも酸っぱい!!」

 

嫌な予感が的中しました。

ソーヴィニヨンブランがあまりに古かったのか、かなり酸っぱく感じる。

予想外の味に、和食の味付けではなく、洋食のような味付けに方向展開!!

 

粉末のコンソメ(2g程度)を少し入れてみると…

「酸っぱさがうまい!」

よしこれでいこう!

 

粗熱をとった後、冷蔵庫で良く冷やしておきます。

その間、うどんの用意をします。

 

【冷やし白ワイン出汁うどん】

材料:1人前

うどん(乾麺):100g

トマト:1/2個

ピクルス:1本

クリームチーズ:お好みで

 

作り方

茹でたうどんを冷水で良く冷やし、良く冷やした白ワイン出汁をかけ、粗みじんにしたトマト・ピクルス・クリームチーズを上にのせて出来上がり!!

※白ワイン出汁は醤油と塩で少し味を調えました。

 

 それではだべてみましょう!!

まずは麺だけ…

「つるつる…ちょっと酸っぱい、でも出汁が効いていて悪くない!」

 

具材と混ぜて一口…

「おっ!ピクルスの食感と塩味が丁度良い!!」

トマトの酸っぱさと、クリームチーズのコクも絶妙ですな。

出汁は少し塩味が薄い気がしましたが、ピクルスとチーズの塩味が丁度よく食べられました。

 

バジルなどのハーブ類、蒸し鶏などをいれてもおいしいのではないでしょうか。

 

まとめ!! 

 今回使ったワインがあまりに酸っぱかったため、途中で方向展開した割にはうまくいきました。

具材をかえてヴァリエーションも広がる楽しみがある料理だと思います。

暑い季節に爽やかな冷たい麺のレシピが一つ増えました。

次回は、酸味の少ない和風の白ワイン出汁を作りたいと思います。

今回は午後から仕事なのでワインとは合わせていません。

もし合わせるとしたら、酸味がきれいなフランスのアリゴテが良いのかな?

 

それでは、また!!

 

 

いかめしパエリア作ってみたよ!

こんにんちは!

最近、めっきり釣りに行っていない釣太郎です。

 

私の大好きな釣り動画サイトでは、連日イカが釣れた!カサゴが釣れた!で大騒ぎです。

あーあ、いーなー。イカを釣ってみたいなー

 

せめて釣ったつもりで、料理だけ作ってみよう!

と考えた訳です。

 

f:id:universal1248:20170413000229j:image

 そんな訳で、いかめしパエリアカレイの白ワインソースを作ってみました!

【いかめしパエリア】

材料

米:1合

S&Bパエリアのもと:1袋

イカ:2杯

ニンニク:2片

赤ピーマン:1/2個

白ワイン:100㏄

 

f:id:universal1248:20170413000239j:image

 ↑こんな便利なものがあるのか!!今回は手抜をしてしまいました!

 

作り方

①米1合と水定量にパエリアのもとを入れて、ご飯を炊く。

②イカは皮をむいて、ゲソとパプリカは約1cm角に切る。

③ゲソとパプリカをみじん切りのニンニクで炒めておく。

④パエリアのもとで炊いたご飯を③に混ぜ、イカの中へ詰めて、爪楊枝で口をふさぐ。

⑤オリーブオイルでニンニクスライスを炒め、香りが出てきたらイカに両面焼き目を付ける。

⑥白ワインを入れて、蓋をして蒸し焼きにする。

 

f:id:universal1248:20170413000301j:image

 ↑炊いたご飯をイカの中へ詰めるのが結構大変!

 ⑥ワインの水分がなくなったら、出来上がりー!

 

熱いうちに切ると、中身が飛び出します!

粗熱をとってから、輪切りにしましょう!!

 

次はカレイです。

【カレイの白ワインソース】

材料

カレイ切り身 2切れ

小麦粉

白ワイン:60㏄

ニンニク:適量

醤油・砂糖:適量

 

作り方

①カレイに小麦ををまぶし、フライパンで両面焼き目を付ける。

②フライパンに白ワインを入れて、7分ほど蒸し焼きにする。

③カレイを皿に戻して、フライパンにバターとニンニクをいため、香が出て来たら、白ワイン・醤油・砂糖を入れて、ソースをつくる。

④カレイにソースをかけて出来上がり!!

 

どちらも非常に簡単。

ほぼ同時で出来上がりました!!

 

ワインは白ワインなら何でも良さそうだけど、やはりシャルドネかな?

オーストラリアのシャルドネなら、濃すぎず薄すぎず、酸味もコクも適度にあるので、バランスよく楽しめそうです。

 

 

f:id:universal1248:20170413000322j:image

 いかめしパエリアは特に味付けをしていませんでしたが、適度な塩気で美味しい!

イカとご飯の相性が抜群でした!

彼は身が柔らかく淡泊ですが、白ワインのニンニクソースとよく絡みました。

 共に、オーストラリアのシャルドネとの相性が良く、あっという間に無くなってしまいました。

 

まとめ!!

今が旬のイカとカレイ。

釣りに行けないけど、料理してワインも楽しめましたが、

より一層釣りに行きたくなってしまいますよね…

 それではまた!!

 

焼きそばとワインは合うの?

 

こんにちは!

今日は焼きそばとワインです。

先日、から揚げの話の評判が良かったので、焼きそばも良いかな?という浅はかな考えです。

 

焼きそばといえば、やはりソースの味。

野菜のエキスの甘味・スパイシーな香・濃厚な味

こんな要素のワインを選べばよいのかな…

 

f:id:universal1248:20170412014320j:image

 また、焼きそばは口いっぱい頬張って食べるので、やはりガブガブ飲める気軽なワインが良いですよね…

 

南フランスの安いグルナッシュが冷蔵庫にあったので、

冷えたまま焼きそばを食べながら飲んでみました。

…うん。おいしい。

すごーく感動する程ではないけど、いい感じ。

「焼きそばを食べている」というカジュアルな感じがします。

冷えているのも逆に良かったのかもしれません。

 

赤ワインは常温で飲むもの!とは限りませんよね。

だいたい日本の常温とヨーロッパの常温がそもそも違いますから…

 

焼きそばに合うワイン…調べてみるとありました!

シャトー・レゾリュー・赤ラベル 750ml (1本)

       

 

  • 内容量:750ml
  • 原産国:フランス、ラングドック
  • ラングドックの評価を引き上げた蔵元
  • 品種:カリニャン、シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル
  • 合う料理:ビーフシチュー

なんでも神の雫」というドラマで、焼きそばに合うワインという事で、出てきたとか…

高級ワインしか飲まなかった有名作家の先生も「1本1万円はする味」と太鼓判を押しているとか…

なかなかこのワインの味はサイトではわからないものです。

いろいろな話題性を押し出すも、どのような味なのかは明記されていません。

まぁ、そんなものですかね。

 

おそらく、

南フランスのラングドック地方の、温かい地域で作られた、カリニャン・シラー・グルナッシュなどのぶどうからなるこのワインは、

渋味が少なく、フルーティー、そして少しスパイシーだと思います。

渋味が少ないので軽めだと思われがちですが、もともとのブドウの糖度が高いのでアルコール分も高めでしっかりとした飲みごたえもあるはずです。

親しみのない香りが多少するかもしれませんが、カジュアルな甘辛い料理との相性は抜群です。

 

まさに、焼きそばやお好み焼きにはピッタリですね。

渋味が少ないので多少冷やして飲んでも、変な苦みなどは出てきません。

 

飲んでいないワインをここまで説明をしてしまいましたが、

あくまで私の予想なので悪しからず…

だってどんな味が書いて無かったんだもん…

 

あと、ソース味にはロゼワインやスパークリングワインは間違いはないですよね。

 

今度は

赤ワインソースで作った、ワインに合う焼きそば

でも作ってみようかな。でもそれじゃ、ほとんどパスタかな?

 

それでは、また!

 

 

 

 

疲れた時に飲むワイン!【症状別】

こんにちは!

 

新年度がはじまって、10日が経ちました。

新しい環境になって、そろそろ疲れが出てきてはいませんか?

私は、特に新しい環境ではありませんが、訳あって8連勤をして、疲れが溜まってきました。

 

こんな時、どんなワインを飲もうかな…

 

今日は疲れの症状別に、おすすめワインをまとめてみました。

あくまで私の一方的な意見なので、悪しからず…

まず疲れの種類については3種類でしょう。

  1. 運動による疲れ
  2. ストレスによる疲れ
  3. 環境に起因する疲れ 

ではこの3種類に疲れを、ワインでどのよう解消するか考えてみましょう。

 

1.運動による疲れ

新生活が始まって、通勤・通学で慣れない満員電車にのったり、立ち仕事をするようになったりと、運動による疲れが溜まっている方。まずは休息、睡眠をとるか、しっかりと栄養を摂取する必要があります。

 

解決①アルコール度数が低めのデザートワインで睡眠を促す!

五一わいん 氷果の雫 ナイアガラ 【白・極甘口】 375ml

 アイスワイン貴腐ワインなど、アルコール分が少ないデザートワインを寝る前に少しのんで、ぐっすり眠る…翌朝すっきりと元気になれそうです!

デザートワンは開封してから長持ちするので、少しずつ楽しめるのもうれしいですね。

 

解決②酸味のある白ワインで食欲がわき、栄養をつける!

ウィリアム フェーブル シャブリ750ml [フランス/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

      

冷涼な気候で作られるシャブリはきれいな酸味のある白ワインです。

食前に少し飲んで、食欲増進!美味しい料理で栄養摂取!

 

 2、ストレスによる疲れ

新しい人間関係で気を遣う事が多くなったり、責任のある立場になりプレッシャーを感じる事がおおくなったりと、ストレスによる疲れが溜まっていいる方。とにかく癒しが必要ですね。もしくは思いっきりストレスを発散させる事が必要かもしれません。

 

解決③ロゼワインの香りと色に癒される!

ロゼ・ダンジュ 750ml [フランス/ロゼワイン/やや甘口/ミディアムボディ/1本]

      

 少し甘めのロゼのピンク色と華やかな香りは癒し効果抜群!

散り始めた夜桜と楽しんでみるのもいいですね!!

 

解決④スパークリングワインで文字通り弾ける!

ロジャーグラート カヴァ ロゼ ブリュット 750ml

 シャンパーニュ製法で作られているスペインのカヴァは、低価格な割にしっかりとした泡を楽しめます。スカッとと飲んで嫌な事は忘れてしまいましょう!

 

3、環境に起因する疲れ

4月に年間で一番最高気温と最低気温の差が大きい時期です。気候の変化で疲れを感じている方は免疫力を高める事が必要かもしれません。

ポリフェノールの抗酸化作用で免疫力をアップさせると良いでしょう。

解決⑤ホットワインで免疫力をアップさせる!

フランケン グリューワイン(赤)750ml×1本 [ドイツ/赤ワイン/辛口/ライトボディ/1本]

       

赤ワインを沸騰させて、オレンジやリンゴと砂糖・シナモンを入れれば簡単につくれます。

心も体もホッコリして毎日安眠!免疫力アップ!!

 

いかがですか?

フルーティーなワインを普段飲まない方でも、疲れた体の為に試してみてください。

元気な体で、またワインを沢山飲みましょう!

 

それでは、また!!

から揚げには赤なのか?白なのか?

こんにちは!

 

今日の晩御飯はから揚げでした。

から揚げには、やっぱりビールですよね?

いやいやハイボールも忘れちゃいけません…

でも、今回はあえてワインだったらどうするかを考えてみたいと思います。

あくまで、私個人の意見なので悪しからず…

 

よくある定番の考え方として

①肉だから赤ワイン

②料理の色彩が濃いから赤ワインまたはロゼワイン

③レモンを絞って酸味があるから、白ワイン

④油をさっぱりさせたいから白ワイン

⑤なんでも合わせやすいからスパークリングワイン

すぐに思つくのはこんなところでしょうか?

 

f:id:universal1248:20170409233526j:image

ひとつづつ考えていきましょう。

 

①肉だから赤ワイン

なかなか古典的です。でも考える時間がもったいないから、これで決めてしまっても良いでしょう。時間がもったいないから、さらに目の前にある赤ワインを選んで時間短縮に勤めましょう。多少失敗する可能性が高いかもしれませんが、短時間でから揚げとワインを楽しめた満足感と充実感に満たされます。

➡タイムイズマネー派におすすめ

お勧めワイン

清洲桜醸造 楽園ワイン 赤 ミニパック 180ml x5 4972212070903

 

 

 

②料理の色彩が濃いから赤ワインまたはロゼワイン

おおざっぱな言い方ですが、から揚げに限らす、間違いがない選び方です。

脂肪分の多いモモ肉の揚げ、または醤油で漬け込んであるものは赤ワイン。

さっぱりしてムネ肉のから揚げ、もしくは味付けがさっぱりしているならロゼワイン

こんな選び方が良いでしょう。無難にから揚げもワインも美味しく楽しめます。

無難な優等生派におすすめ

 

 

③レモンを絞って酸味があるから、白ワイン

きました。通な感じです。

逆に「レモンを絞らず、レモン替わりに白ワイン」という考え方も、基本的には同じです。

柑橘系のニュアンスが強い白ワインが最高です。ぶどう品種はソーヴィニヨンブランあたりでしょうか。

素材の良さを生かして、爽やかにから揚げとワインをたのしめます。

とんかつをレモンと塩で食べるような食通派におすすめ

 

④油をさっぱりさせたいから白ワイン

女性的にはこちらも支持されそうです。

しかし、あるソムリエの大御所にいわせると、油分をさっぱりさせたいのなら、最初から油分のあるものを食べなければよい…。確かにそうですが、それを言ったらおしまいなので、鳥の油、揚げ油に負けないような、樽の香りがするコクのあるシャルドネがよいですね。

から揚げのボリューム感を楽しみつつ、ギトギトしないで楽しめます。

羽目を外すことがあっても、後腐れのない関係を徹底派におすすめ

 

⑤なんでも合わせやすいからスパークリングワイン

これも間違いがないです。

間違いが無さ過ぎて、記憶も無くなりそうです。

どのような味付けのから揚げでも、美味しく楽しめそうです。

から揚げを食べるわくわく感を、スパークリングがより一層盛り上げてくれます。

何時でも、誰にでも、熱くなれる情熱派におすすめ

 

あなたに当てはまるものはありましたか?

無くても安心してくださいね。

から揚げには色々な楽しみ方があると思います。

その楽しみ方に合わせて、ワイン選びを楽しんで良いと思います。

 

ちなみに、今日はスパイシーな味付けのから揚げだったので、

スパイシーなオーストラリアのシラーズ(樽が効いていない軽めのもの)で合わせようとしましたが…ご飯で食べてしまいました。

 

皆さんのユニークなから揚げの食べ方がありましたら、聞かせてください。

 

それでは、また!!

楽園ワインは楽園なのか?

こんにちは!!

 

突然ですが、あなたにとっての楽園とはなんですか?

 

私はやはり、毎日釣りをしてワインが飲めたらそれが「楽園」です。

 

楽園ー苦しみのない生活を送ることが出来る場所。パラダイス

ウィキペディア

そんな場所はどこにあるのかな…なんて考えていたら、こんなワインがありました!!

 

f:id:universal1248:20170409004849j:image

楽園ワイン!!100円!!

 なんじゃーこりゃー!

f:id:universal1248:20170409004908j:image

クエン酸を含んだアルカリ飲料です”

非常にそそる宣伝文句の楽園ワインの白! 

 

f:id:universal1248:20170409005007j:image

”天国にいるような至福の酔い心地を楽しんでいただこうと「楽園ワイン」と名付けました。”

なるほどね…それが楽園ね。ますます期待大!

 

製造者は清州桜醸造株式会社。

あぁ、あの日本酒の「鬼ころし」の会社ではないですか!

 

輸入ぶどう果汁と輸入ワインを使用しているのですね。

ぶどう品種はわかりません。

f:id:universal1248:20170409004949j:image

ミディアムボディ・やや甘口・ほどよい酸味

やや甘口となると、リースリングかモスカートかな?

しっかり冷やした方が良さそうです。

f:id:universal1248:20170409004944j:image

 ”この容器は電子レンジで、お燗はできません”

あぶない、あぶない気を付けよう。お燗はやめておきます!

 

f:id:universal1248:20170409005042j:image

 ”ポリフェノールを含んだアルカリ飲料です”

これもまた、そそる文句の楽園ワインの赤!

 f:id:universal1248:20170409005048j:image

 フルボディ・やや辛口・ほどよい酸味

カベルネかな?メルローかな?いやいやシラーかもしれないぞ。

デカンタージュはしなくて良いのかな?

 

f:id:universal1248:20170409005240j:image

 いざ、飲んでみましょう!

ストローでワインを飲むのなんで初体験!

 

ますは白ワイン!

香りを感じる前に、ストレートに口に入ってきます。

「すっぱっ!」

酸味が最初にダイレクトに感じます。

それもそのはず、舌の真ん中に勢いよくワインが流れ込めば、酸味を強く感じます。

そのあと、モスカートのようなフルーティーか香りが広がります。

アルコール感はしっかり感じで、厚みもあります。

少し雑味を感じますが、レモンのような爽やかな後味です。

余韻は短め!

キンキンに冷やしてゴクゴク飲むタイプです。スピード勝負!

 

次に赤ワイン!

やはりストローで飲むと、酸味がダイレクトに感じます。

酸っぱさがどうしても口の中を支配します。

そのあとにチェリーの香り、黒スグリのようなフルーティな香りが続きます。

ボリューム感はありますが、タンニンはあまり強くありません。

ボジョレーをもっと強くしたような感じです。

余韻は短め!

タンニンが弱いから、こちらも冷やしてスピード勝負で飲みたいワインですね。

 

グラスに次いで見ると、驚くほど濃い!

味はボジョレーに近いのに、色はボルドーの少し熟成したような色!

不思議だ!

これが楽園なのか?

グラスから飲むと、酸味も和らいで、香りもよりフルーティーに感じます。

しかし雑味も強く感じてしまう…

うーんグラスじゃない方がいいのかなぁ…

 

残ったパックのワインをもう一度、一気にゴクゴク飲んでみた…

「これだ!」

このワインはグラスで飲んではいけないワインなのです!

 

酸っぱさを感じる前に、どんどん飲む、ゴクゴク飲む!

酸味を酸味でかぶせる感覚。

「香り?あぁ何か最後に甘い香りがしたかもしれないが、もう飲んじゃったからどうでもいいだろ?」

ストローで飲むからか、スピード重視で飲むからか酔いも早い!

これが楽園ワインなのでしょう!

舌で転がすなんてしちゃ、ダメですよ!

 

これもこれで、バカにできない飲み方ですね。

 

では、また!!

 

 

 

f:id:universal1248:20170409004826j:image 

 

ワインのチロルチョコ

こんにちは!!

 

先日、コンビニで面白いチロルチョコを見つけました。

 

f:id:universal1248:20170408001828j:image

 

「赤ワインと

 白ワインに

 スモークアーモンドが

 ぴったりおいしい

 チョコレートたち」

大人のチロルチョコのようです。

 

f:id:universal1248:20170408001831j:image

中身は3種類のチョコレートが各2個入っています。

 

チロルチョコを食べるのは久しぶり。

子供のころを思い出します。(その頃は1種類しかありませんでした…)

ちなみに「チロルチョコ」の意味は…

チロルと言えば、ヨーロッパのほぼ中央に位置するアルプス地帯の一部、
オーストリア西部のチロル州を思い浮かべます。そこは、色とりどりの花々や
緑の豊富な美しい自然に囲まれた風景と、どこまでも広がる青空の澄みきった空気に
満ちた高原地帯です。アルプス山脈を間近に臨むその地域で暮らす人々の素朴さも含め、チロル地方のようにさわやかなイメージを持ったお菓子でありたいと、「チロルチョコ」と名付けられました。

チロルチョコHPより

f:id:universal1248:20170408001854j:image

 赤ワイン、白ワイン、スモークアーモンドの3種類です。

早速、頂きます。

まずは、赤ワイン…

f:id:universal1248:20170408001909j:image

 ↑中はマシュマロとワインゼリーのようなもの

アルコール分が1.2%あるようなので、ワインが入っているのでしょう。

赤ワインの香りは何となく感じる程度、甘味が抑えめで酸味もあったので、

「大人の味」ですね。

特に「赤ワインと合わせなきゃ!」とは思いませんでした。

これはこれで美味しいので、このまま食べるのが良いのでしょう。

 

次は白…

f:id:universal1248:20170408001915j:image

 ↑コチラもマシュマロみたいなもの

白ブドウの香りがかすかにします。

ワインというよりぶどうジュースのような甘い香り。

とはいえアルコール分1.0%あるので子供にはおすすめできません。

 

こちらも特にワインと合わせる必要性を感じませんでした。

このまま、美味しく頂くのが良いかと思います。

ただ、適度に酸味があるのでドイツのリースリングでフルーティーなタイプと合わせても、面白いかもしれません。

 

次はスモークアーモンド…

f:id:universal1248:20170408001918j:image

 ↑アーモンド丸ごと入っています!!

こちらは、ワインが入っているのではなく、ワインに合うチロルですね。

ビターなチョコの中に、ローストしたアーモンドが入っています。

チロルチョコにしては、甘くないビターなチョコレートです。

これも美味しい。

 

ワインは、カカオのニュアンスのある、ボルドータイプが良いですね。

ただ、チロルチョコボルドーワインのイメージが中々一致しませんが…

手軽なチリワインのカベルネで十分楽しめると思います。

 

さすがチロルチョコ

面白いものを作ります。

 

ワイン好きな人なら思わず買っちゃうパッケージだし、 

実際に美味しく楽しめます。

ワイン感を楽しむチョコであり、ワインと一緒に楽しみチョコでした。

f:id:universal1248:20170408005959j:image

袋の内側には、フランスの画家

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートロックの絵画が使われています。 

なんだか、ニクイですね。

 

また、他の味が出てくると面白いなぁ…

 

では、また!!