読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイングラスの正しい持ち方?!

こんにちは。

 

今日はグラスの持ち方についてです。

ワインについてのルールとか決まりについては、あまり細かく言いたくありませんが、意外と面白いのでお話したいと思います。

 

「ワインのグラスの持ち方」で検索すると色々出てきます・・・

macaro-ni.jp

以前、各国の大統領・首相が集まった晩餐会でのワイングラスの持ち方が話題になりました。

 

欧米の代表達はワイングラスのボウルの部分を持っているのに対して、

アジアの代表はステム(脚)を持っていました。

 

通常、我々はワングラスはステムの部分を持つ事が多いと思います。

でも、これはワインテイスティングの時の持ち方で、

晩餐会などの公式な場面ではボウルの部分を持つのがマナーらしいです。

 

知っておいておいて損はない事ですが、どうでもいい事ですよね。

 

正式な持ち方があるのならば、それはそれで知っておいて良いと思いますが、

だからと言って「日本人のグラスの持つ方は間違っている…」と卑屈になる必要は全くないと思います。

だって晩餐会に行くことなどほとんど無いですからね。

日本の正式な服装が着物だけど、着物を普段から着ている人はほとんどいませんから。

 

何かあるとすぐに「日本人は間違っている」とか「日本人はわかっていない」と騒ぎ立てる事ってよくありますよね。

 

今にワインを飲む席でグラスの持ち方について、「日本人はステムを持っているけど、本当はボウルを持つのが正式な持ち方なんだよ。しらないでしょ?」という人が出てくるかと思います。

その時は軽く「あぁ、そうなんだ」と軽く流してあげましょう。

 

www.riedel.co.jp

 

グラスメーカーのリーデルのサイトでは、さりげなく持ち方について書いてあります。

グラスによって持ち方を変えてみるのは面白いですよね。

 

ワイングラスではありませんが、グラスの持ち方で性格診断ができる記事がありました。私としてはコチラの方が気になります。

free-fortune.jp

両手で包み込むようにして持つ……温情あるバリケードタイプ

飲み口に近い上の方を持つ……自己陶酔ナルシストタイプ

下の方を持つ……ナチュラル自信家タイプ

小指を立てて持つ……自己顕示欲マックスな甘えん坊

 

私は普段、ナチュラル自信家タイプ。酔っぱらうと自己陶酔ナルシストタイプに変わります。

まあ、もっとどうでも良い事ですけど…

 

国によってワインに関わる文化が違います。

そこがワインのとても面白い所の一つだと思います。

他の文化を尊重しながらも、我々の文化も大切にしたいですよね。

 

それでは、また!

落とし卵の赤ワインソースを作ってみたよ!

こんにちは!

自宅でフランス料理を作るのは少し躊躇してしまいますよね。

美味しそうだけど、材料、調味料、作り方…色々と面倒くさそうです。

せっかく良いフランスワインがあるのなら、やはりフランス料理で楽しみたいですよね。

今回は「落とし卵の赤ワインソース」を作ってみました。

f:id:universal1248:20170421232305j:image

 今回は参考にした本があります。

ブルゴーニュ地方の料理―おもてなしのためのフランス料理

       

「フランス料理は難しくて家庭では無理!」と思っている人におすすめです。

誰にでも簡単に作れて、普段とは違うオシャレな料理が作れちゃいます。

1ページで1品完結するシンプルな内容も良いですが、何よりも1品ごとにおすすめのワインが書いてあるので、楽しみ方も広がります!

 

落とし卵の赤ワインソース

①小さく角切りにした玉ねぎを透明になるまでバターで炒める。

②ベーコンを加え、赤ワインとブーケガルニを入れ強火でアルコールを飛ばした後、中火で半分位になるまで煮詰める。

③コンソメをいれもう一度煮詰めた後、バターをいれ塩コショウで味を調える。

f:id:universal1248:20170421232329j:image

④大きめの鍋に湯を沸かし、酢を入れる。

⑤卵を落とし、3分~3分半で卵を取り出しキッチンペーパーで水気を切る。

⑥深皿に卵をのせ、その上にソースをかけて出来上がり!

f:id:universal1248:20170422000226j:image

 うーん。色合いが本の写真とちがうなぁ

ソースの照りも少ない気がする。

正直あまり美味しそうな感じがしない…なにか失敗したかな?

まぁ、食べてみましょう。 

f:id:universal1248:20170421232403j:image

 おっ、黄身がトロっとしていていい感じ!

ソースと一緒に食べてみます…おいしい!

バターで炒めた玉ねぎとベーコン、そして良く煮詰めた赤ワインソースがトロトロ卵とよく絡むー

まさに、「普段と違うオシャレな料理」だ!

 

されにおすすめのワインは

ブルゴーニュルージュ

シャトーヌフ・ド・パプ

 

なるほどね、ピノノワールを使った、華やかで柔らかいブルゴーニュルージュか、

タンニンが柔らかいけど、しっかりとしたコクのあるヌフ・ド・パプ

どちらも美味しく楽しめそうです。

個人的には後者が好きです。

 

こんな簡単に、ブルゴーニュ料理が作れるのなんで、少し感動!

他の料理も作ってみたいです。

その他にも、肉料理や魚料理、デザートなど美味しそうな料理が盛りだくさん。

 

牛肉の赤ワインにはやはり王道で美味しそうだな…

いやいや、うなぎの赤ワイン煮をもう一回しっかり作らないと…

サンドルの蒸し煮アリゴテ風味?

スズキを使うのか!よし、まずはシーバスを釣りに行かなきゃ!

 

なんて考えながら、見ているだけでも楽しい本です。

ぜひ試してみたください!

 

それでは、また!!

 

 

牡牛座の人に飲んで欲しいワイン

こんにちは。

 

今日は先月同様、4月21日~5月21日生まれの、おうし座の方に飲んでもらいたいワインについてです。

 

私自身、星座とワインについて密接な関係があるのか、正直わかりません。

しかし、バイオダイナミック農法という、月の満ち欠けに合わせて栽培や醸造をするワイナリーも多く存在するように、星や月とワインは何かしらの関係があってもおかしくありません。

このようなワインがあります。 

[星座ワイン] 【牡牛座4/21~5/21】フォーチュネイト カベルネ・ソーヴィニヨン"トロー"コーリン・ボーン

  

 

 占星術師とソムリエとで厳選して選ばれたワイン。

「星座によって現れる個性」と「ぶどう品種から引きただれる個性」を組み合わせて生まれたワインです。

12星座に合わせて、12種類のブドウ品種が選ばれているユニークなワインです。

「信じる・信じない」はさておき、話題性としてプレゼントには良いかもしれません。

 

星座言葉: 力

愛と美の女神、アフロディーテを守護神に持ち、汚れを知らない美しい精神が全ての基調。

平穏な性格の中に目的達成への実行力、そして優しく素直な、魅力溢れる牡牛座は、気品と凝縮感のある、カシスとスパイスの香りと、コクとタンニンが特徴の力強さのある【カベルネ・ソーヴィニヨン】の赤を。

 

そう、おうし座の方はカベルネソーヴィニヨンなのです!

 

ではこの際カベルネソーヴィニヨンとはどんなブドウが確認してみましょう。

【ブドウの特徴】

小さな粒の割に分厚い皮と大きな種を持つブドウです。ワインにすると色が濃く、強いタンニンを持つ、しっかりとした骨格のある味のワインに仕上がります。ポテンシャルが高く、長期熟成型の高級ワインが作られる事が多いです。まさに星座言葉の「力」にふさわしいブドウです。

 

【味わいの特徴】

カシスやブルーベリーを思わせる凝縮した果実味と、針葉樹やミントなどのスッとする清涼感のある植物系の香りがあります。それによって、凝縮感がありながら、上品さも併せ持つワインになります。酸もタンニンも強めで、ガッチリとした味わいです。

 

【よく合う食材】

牛肉や子羊肉など、しっかりと噛む赤身肉と好相性です。調理法はローストやステーキ、すき焼きなどがおすすめです。

 

辛口赤ワインの代表的なブドウ品種なので、渋めの赤ワインが好きな方はカベルネソーヴィニヨンを選んでおけば間違いはないでしょう。

世界中で栽培されるブドウ品種なので、どの国のカベルネを選んで良いかわからない時は、次のように選んでみると良いですよ。

 

・カジュアルに飲むとき、BBQなどで飲むとき、シンプルな味付けの料理の時

➡アメリカ、チリ、アルゼンチンなどシンプルな味わいのニューワールドのカベルネソーヴィニヨン。

 

・大切な時間に飲むとき、ゆっくりと味わいたい時、手の込んだ料理の時

➡フランス、イタリアなど複雑な味わいのオールドワールドのカベルネソーヴィニヨン

 

いずれにしても、カベルネソーヴィニヨンは赤ワインの王様的な存在です。

 

牡牛座の方は是非、赤ワインの王様をお楽しみください!

 

では、また!!

 

アサリと春キャベツとワイン

こんにちは!

潮干狩りの季節がやってきました!!

沢山とったアサリを白ワインで!もう最高ですね!

今日はアサリと春キャベツを使って、白ワインを美味しく楽しめる料理を作ってみます。

f:id:universal1248:20170419233452j:image

 4月末~5月中旬は気候も落ち着き、引き潮の時間が長いので、潮干狩りに適した時期です。

また、アサリは7月~8月にかけて産卵のシーズンを迎えるので、体内に栄養を蓄えるため、この時期に太り、味が良くなります。

まさに今が旬のアサリ!

f:id:universal1248:20170419233453j:image

 アサリには旨味成分のタウリンが豊富で、肝機能の促進、アルコール障害の改善、血液サラサラ効果があると言われています。

加熱したときに出る汁が旨味成分と栄養素が多く含まれているので、汁も一緒に摂れる調理法が適しています。

 

f:id:universal1248:20170419233541j:image

 一方春キャベツは、ビタミンC、U、カリウム、カルシウム、食物繊維が豊富です。

生食が理想ですが、加熱した料理は汁も一緒に摂ったようが良いそうです。

 

そんな、アサリと春キャベツ、そしてワインにピッタリな料理が…

 

アサリと春キャベツの白ワイン蒸し

材料(4人分)

春キャベツ:1個~半分

アサリ:400g

ベーコン:5枚

にんにく:1~2かけら

白ワイン:50㏄

バター:適量

 

①アサリは予め塩抜きをしておく

②キャベツ・ベーコンをざく切りにして、ニンニクはみじん切りにしておく。

③フライパンにオリーブオイルでニンニクを炒めて、香りが出てきたらベーコンを炒める。

④そこへ、アサリを入れて、全体に油がまわるまで炒める。

⑤さらにそこへ、キャベツ、白ワイン、水1/2カップを入れ、煮立ったら蓋をして、5~6分蒸し焼きにする。

⑥アサリの口が全部開き、キャベツがしんなりしたら、塩コショウで味を調え、バターを混ぜて出来上がり!

 

f:id:universal1248:20170419233553j:image

 ワインはどうしましょう。

塩、バター、シーフード、味は濃いめ…温暖な気候でできたシャルドネにします。

酸味が少なく樽熟成が効いたボリュームのある、南フランスのシャルドネを使ったワインを選びました。

チリ、アルゼンチン、スペインのシャルドネでも良いと思います。

 

では食べてみましょう!!

アサリの味は文句なし!味付けはほとんどしていませんが、ベーコンの塩味と春キャベツの甘味、アサリの旨味がしっかりと出ています。

逆にキャベツにもアサリとベーコンのエキスが染みていて、キャベツだけでも美味しい!もっとたくさんキャベツを入れても良かったかもしれません。

汁を十分楽しむためにフランスパンを用意しました。

パンに汁を染み込ませて、無駄なく頂きました!

 

ワインとも相性が良かったですよ!

味が濃い、コクのある料理なので、コクのある白ワインが良く合いました。

暑い日には、逆に酸味がきれいなスッキリとした白ワインもよいかもしれません。

もう白ワインならなんでも美味しいでしょうね。

 

 

まだまだアサリの美味しい季節は続くので、今度は違う楽しみ方を考えてみたいと思いました。

こんどは赤ワインで楽しめちゃう料理かな?

 

 それではまた!

  

コンビニコロッケとワイン! 三社食べ比べ!

こんにちは!

最近、コンビニのお惣菜がとても美味しくなったと思いませんか?

特に揚げ物は店舗で揚げているから、サクサクとした衣がたまりません!

 

今日は買い物帰りに、おやつにコロッケを買って帰る事にしました。

どうせなら、ローソン・ファミリーマートセブンイレブンの三社のコロッケを食べ比べて、それぞれに合うワインを考えてみようと思います。

あくまで私の意見ですので、悪しからず…

f:id:universal1248:20170418161601j:image

 ローソン:ポテトコロッケ(牛肉入り) 82円(税込)

ファミリーマート:ファミコロ(牛肉コロッケ) 70円(税込)

セブンイレブン:北海道男爵の牛肉コロッケ 90円(税込)

以上3つを購入しました。

それぞれにソースがついていましたが、今回はソースなしで食べてみたいと思います。

(個人的にはソースをたっぷりかけて食べるのが好きですが…)

f:id:universal1248:20170418161721j:image

 ↑右からローソン・ファミマ・セブン。ローソンは衣が細かく、ファミマはひとまわり大きい、セブンは少し色が濃い。

f:id:universal1248:20170418161742j:image

 まず最初はローソンのポテトコロッケ(牛肉入り)。

サクッとした衣の中身は、ホクホクではなく、意外としっとりしています。

ジャガイモと玉ねぎの甘さが強いです。ジャガイモって甘いんだ…と感じさせます。

この甘さならやはりドイツの白ワイン!

ジャガイモを沢山食べる国のワインとなら相性がいいはずですよね。

マドンナ リープフラウミルヒ 750ml [ドイツ/白ワイン/甘口/ミディアムボディ/1本]       

比較的どこでも買えて、手頃なマドンナがこのコロッケには最高!

ドイツワインを選ぶなら「Q.b.A」(クー・ベー・アー)という、比較的辛口のものを選ぶとよいです。

辛口と言っても香りが甘くて、口当たりが良いので、良く冷やしてグビグビ飲んじゃって下さい!

 

f:id:universal1248:20170418161753j:image

次はファミリーマートのファミコロ(牛肉コロッケ)。

パン粉が荒く、衣が厚めなので歯応えがサクッとしています。

イモの味、肉の味がしっかりとしています。衣の厚さもあってか、全体的にコクのある味です。

コクのある味と合わせるのなら、やはりシャルドネ

ベリンジャー シャルドネ カリフォルニア [USA/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]    

例えばカリフォルニアのシャルドネなどの果実味のしっかりした白ワインなら、コクのあるコロッケをよりおいしく楽しめます。その他チリやアルゼンチンのシャルドネなど、比較的暖かい地域のシャルドネがおススメです。

f:id:universal1248:20170418161801j:image

 最後はセブンイレブン北海道男爵の牛肉コロッケ。

外からの見た目が、メンチカツのように色が濃いです。

それもそのはず、他のコロッケより牛ひき肉の量が多いようです。

値段も少し高いのも、そのせいなのかもしれません。

胡椒も少し効いていいて、食べごたえのある濃厚な味。

前出の果実味が豊富なシャルドネでも良いのですが、どうせなら軽めの赤かロゼも面白いかもしれません。

コノスル ピノノワール ロゼ ヴァラエタル 750ml [チリ/ロゼワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

   

ロゼでも甘味も酸味も少ないものが良いです。

チリのピノノワールは酸味が少なく、コクもあるので牛肉が多めのコロッケにも負けない美味しさです。

そのほかグルナッシュやシラーを使ったロゼワインも相性が良いです。 

f:id:universal1248:20170418162109j:image 今回はソースなしで考えましたが、ソースをかけるとまた選択しの幅が広がります。

野菜の旨味、スパイスの香りに合わせて、シラーやジンファンデルを使った赤ワインも美味しいハズです。

 

揚げ物が美味しい国はワインも美味しい!

 

ただ、揚げ物とワインは食べ過ぎ・飲み過ぎは大変キケンです。

適度な量で楽しみたいですね!

 

では、また!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

4月18日は発明の日!ワインに関する発明について

こんにちは!

 

本日、4月18日は発明の日です。

1885年(明治18年)の4月18日、現在の特許法の元となる「専売特許条例」が公布されたことを由来し、発明協会が1954年に制定しました。

f:id:universal1248:20170418120020j:image

 

 

ワインも長い歴史の中で、数々の発明のおかげで、便利に、安全に、美味しく飲めるようになりました。

 

今日はワインにかかわる発明について、いくつかご案内します。

 

シャンパーニュ製法

17世紀後半にフランス・シャンパーニュ地方の修道士 ドン・ピエール・ペリニオンによって発明された事はあまりにも有名ですよね。

良くも悪くも、いまだに「シャンパンといえばドンペリ!」という人は多いです。

フランスでは寒い地方のシャンパーニュ地方では、秋から冬にかけてワインの発酵が止まり、春に瓶内二次発酵が起こってしまい、困っていたところから始まったと言われています。

ドン・ペリニオンも泡の無い白ワインをどうにか作ろうと研究していましたが、イギリスの王室で泡のあるシャンパンがもてはやされてしまった所から、シャンパン人気が広がったそうです。少し、皮肉な話ですね。

とは言えドン・ぺリニオンはその他、黒ぶどうから白ワインをつくる(ブランドノワール)を作ったり、様々な畑のぶどうや良い年のワインのストックをブレンドする(アッサンブラージュ)を考えたりと、いまのシャンパン作り大きな功績を残しています。

 

パスチャライゼーション(低温殺菌

1866年に微生物学者のルイ・パスツールによって、ワインの殺菌法として最初に導入された事から名付けられました。摂氏100度以下の温度で食品などを加熱殺菌する方法です。

パスツールのおかげでワインを安定した状態で楽しめるようになり、熟成もできるようになりました。

それ以前はワインは、作ったらすぐ飲むワイン、今でいうボジョレー・ヌーボーのようなワインしかなかった事になります。(酒精強化ワインを除いて)

「私は熟成したワインしか飲まない…」という人には大変な時代でしょうね。

 

ワインは発明というより発見

何よりもワイン自体が大きな発明だと言えます。

しかしワインは発明というよりも発見されたという方が適切かもしれません。

なぜならは数百年まえからブドウは存在し、酵母ももっともっと前から存在しており、自然発生的に腐ったブドウからワインができていたと言われています。

熟して落下したブドウが発酵して、美味し飲み物になったという昔話は様々な地域で存在します。

「自然からのプレゼント、神からの授かりものとして、ワインは発見された」と考えるのも、有難味を感じて良いですよね。

 

ちなみに4月18日はよい歯の日でもあります。

赤ワインを飲みすぎると、色素が歯に沈着してしまう悩みが多い方も少なくありません。

・ワインだけでなく、一緒におつまみもたべる。(カロリーの過剰摂取に注意)

・ワインを飲んだら、水を飲む。

・飲んだ後はホワイトニング歯磨き粉で歯磨きをする

などを習慣づければ大丈夫です。

 

綺麗な歯で美味しく楽しく、ワインを飲みたいですね!

 

それでは、また!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4月17日は世界マルベックデー

こんにちは!

 

本日、4月17日は「世界マルベックデー」です!

「えっ、マルベックってなに?」

という方にまずはマルベックの説明から…

 

f:id:universal1248:20170417102942j:plain

 

マルベック

マルベック(Malbec)は、フランス南西部を起源とする赤ワイン用ぶどう品種。個性が強いぶどうで、非常に色が濃いため「黒ぶどう」と言われています。

フランス・カオールのマルベックは、タンニンが非常に強く個性的なワインでよく知られています。

一方、アルゼンチンのマルベックは、タンニンが比較的柔らかく、コクがあり、甘味を感じるほどの果実味が豊富なワインになります。

 肉食中心のアルゼンチンの食文化と、気候風土に合うこともあり、アルゼンチンを代表するぶどう品種です。

 

世界マルベック・デー

1853年4月17日、当時のアルゼンチン大統領ドミンゴ・ファウスティーノ・サルミエント(アルゼンチンの50ペソ硬貨の肖像画の人物)フランス人農学者にワイン造りを託し、マルベック種の栽培によるワイン醸造がはじまりました。

 

全世界60都市、50ヵ国以上で世界マルベックデーが実施され、アルゼンチンを代表するぶどう品種のマルベックを祝福するイベントが開催されます。

 

日本では4月11日にアルゼンチン大使館にて、「マルベック・デー in Tokyo

」が開催され、様々なアルゼンチンのマルベックのワインが振舞われました。

 

アルゼンチンのマルベックに合う料理

まずは肉!!

アルゼンチンのマルベックを飲んでまず感じる事は「肉を食べたい!!」。

さすが肉食文化の中で作られたマルベックはお肉料理との相性は抜群です。

シンプルで濃いめの味付けの肉料理で楽しめます。

これからの時期はバーベキューにピッタリな赤ワインです!

 

肉以外は…?

意外と根菜類、魚のフライなどとも相性が良いそうです。

www.cafeglobe.com

きんぴらごぼう、イワシのフライ、マーボー豆腐、どれも面白そうですが、

私としては「白胡椒・黒胡椒・山椒で味付けした柿の種」!!

これは良さそう!!いや絶対に良い!

 

[新商品] 越後製菓 三椒の種 80g×10袋 新潟 米菓

       

 これですね!!

少しスパイシーなマルベックとの相性は期待大です!

新潟の老舗のおせんべいメーカーなので、おせんべい自体もおいしそうです。

パリパリ、ゴクゴクいけそうですね。

 

早速今夜はアルゼンチンのマルベックとスパイシーな柿の種で、

世界マルベックデーをお祝いしてみてはいかがでしょうか!

 

それではまた!